NBAまとめて速報

NBAを中心にバスケットボールについてまとめていきます。

    バスケ

    1: ネギうどん ★ 2020/11/20(金) 11:18:38.64 ID:CAP_USER9
    現在、ヒューストン・ロケッツはジェームズ・ハーデン、ラッセル・ウェストブルックの2大エースに関するトレードの噂が加熱している。ハーデンがブルックリン・ネッツへの移籍を希望していると報じられるなか、ウェストブルックにはワシントン・ウィザーズ行きの可能性が出てきた。

    『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者は、ロケッツがウェストブルックとジョン・ウォールのトレードについてウィザーズと交渉していると以下のように伝えている。

    「ロケッツとウィザーズは、ラッセル・ウェストブルックとジョン・ウォールを中心とするトレードについて交渉している。ただ、話はまだ本格化しておらず、ロケッツはさらなるアセットを要求している」

    ウェストブルックとウォールの2020-21シーズンにおける年棒は、ともに約4100万ドル(約42億円)とほぼ同額。さらに、2022-23シーズンが契約最終年(プレイヤーオプション)と条件も類似している。金銭面では1対1で釣り合っているが、ウォールは左アキレス腱断裂によって2019-20シーズンを全休するなど、約2年実戦から離れており、復帰する新シーズンで完全復活できるかは不透明。それだけに、ロケッツがウォールとは別に、若手選手やドラフト指名権の追加を求めるのは、当然の要求と言えるだろう。

    身体能力を武器にするウェストブルックとウォールのトレード話は今後進展するのか。現時点では憶測の域を超えないが、ウィザーズには八村塁が所属しているだけに、両チームの動向から目が離せない。

    https://nba.rakuten.co.jp/news/5737

    【【NBA】ウィザーズのウォールとロケッツのウェストブルック、トレード交渉中】の続きを読む







    【ウェストブルック動く!?】の続きを読む

    294: バスケ大好き名無しさん (アウアウウー Saa3-MRzk [106.129.211.18]) 2020/11/03(火) 13:37:20.38 ID:SDZJTKGqa
    現役No.1ガードはリラードだろ 
    カリーはGSWシステムの恩恵を受けてるだけのシューター 
    個の能力は圧倒的にリラードが上

    【評価の難しい選手】の続きを読む

    【気になるDUO】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/11/01(日) 13:38:30.77 ID:CAP_USER9
    11/1(日) 7:30配信 Forbes JAPAN
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aba3a5000d94bcd178122a6aa605d1d242559f5c
    no title


    ライアン・スミスは無類のバスケットボール好きである。法人向けソフトウェア企業クアルトリクス(Qualtrics)の共同創業者で最高経営責任者(CEO)のスミスは、ユタ州プローヴォの自宅地階にはコートを、同地にある本社の入り口奥にもハーフコートをつくったほどだ。

    ビリオネアの常として、スミスもファンとして次の段階に進む。スミスは28日、プロバスケットボール(NBA)、ユタ・ジャズの過半数の株式を取得することを明らかにした。

    関係筋によると、取得額は16億6000万ドル(約1740億円)。フォーブスが今年2月に推定したチームの評価額15億5000万ドルとほぼ同じである。この評価額はNBAのチームでは21番目だった。

    取得額には、本拠地のヴィヴィント・スマート・ホーム・アリーナ、ユタ州のGリーグ(マイナーリーグ)のチーム分も含まれている。NBAでは昨年、ブルックリン・ネッツも32億ドルで売却されている。

    新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が始まってから、NBAのチームの売却はこれが初めて。NBA人気が高い中国と米国の関係が冷え込んだり、今年のプレーオフのテレビ視聴率が振るわなかったりといった懸念材料があるにもかかわらず、NBAの展望はなお楽観されていることを示す動きになった。

    現在42歳のスミスはヴィヴィント・アリーナで開いた記者会見で、「ジャズでプレーすることを夢見た時期もあったけれど、それはかなわなかった」と言って笑わせた。クアルトリクスは2019年1月にドイツのソフトウェア大手SAPに80億ドルで買収され、フォーブスによるとスミスの資産額は推定13億ドル。

    ジャズは1985~86年にラリーとゲイルのミラー夫妻が2400万ドルで取得し、以後35年間でプレーオフ進出27回と輝かしい成績を収めてきた。ラリーは2009年に亡くなり、ゲイルはジャズがユタ州に残留できるよう、2017年にチームを信託に移管していた。

    ミラー家はチームの少数株を持ち続ける。スミスは会見でミラー家に謝意を表し、「その遺産の上に(チームを)築いていく」と誓った。

    買収にはNBAのオーナー会議での正式な承認が必要になる。

    【【NBA】ユタ・ジャズ、クアルトリクス創業者のライアン・スミスが1700億円で買収】の続きを読む

    このページのトップヘ